暗闇の中での跳躍

物 議 を 醸 せ

レイヤー構造を理解できない脳のバグ

恋愛リアリティーショーに出演されていた方が自死された問題が話題となっています。

自死に至った背景のひとつとして取り沙汰されているのが、SNS上における誹謗中傷です。

果たして誹謗中傷が本当の原因なのか、他にあったのか、真の因果関係は藪の中です。

私がこのエピソードを知った時、「人間のバグがまたしても出たな」と思いました。

今日はそのバグについて書きます。

 

端的に言うと、ここでいうバグとは「人間のレイヤー構造を理解できないこと」です。

レイヤー構造とは事象同士の重なりを意味します。

すなわち、人間が元来持っている多層的な側面を別個の事象として捉えられず、観測した(さらに強調された)一側面をもって相手の全てだと考えてしまう、という認識のおかしさが、ここでいうバグです。

 

誹謗中傷の原因は、ショーの中での行動によるものであったと聞きます。

加害者は「ショーのなかでの役割」と「本来の人間性」を同一視しており、そのレイヤー構造を理解していません。

討論の場でも同様のことが起こります。

「討論者としての批判的意見」と「本来の人間性」を同一視して、討論は終わったにも関わらずあれを言われたこれを言われたと陰口を叩く人間はいます。

偉人伝でも同様のことが起こります。

「業績」と「本来の人間性」を同一視して、善行を行った人間はおしなべて善性であり、悪行を行った人間はおしなべて悪性であると断じます。

 

悪役(ヒール)でも好きな人に微笑むし、討論中の意見は相手を貶すものではないし、キング牧師だって性犯罪に加担した疑惑があり、ヒトラーは道路網を整備したし、ファーブルも煩いからと鳥を撃ち殺しています。

 

「本来の人間性」という軸だけで考えても、この世界の人間は、あまりにも物事を一側面から断じすぎていると思います。

これを「国民の生活環境」等とおけば、国のコロナ対策を批判する多くの意見は完封できるでしょう。

多層性を理解せず、レイヤー構造を理解せず、一側面だけで物事を断ずる姿勢は本当に愚かです。

 

今こそJ.S.ミルの自由論、オルデガの大衆の反逆といった古典を読むべきなのかもしれません。

自分の意見は完璧ではなく、真に正しいことを言うのならば、自分の意見と同じくらいに相手の意見のことを知らねばいけないのです。

 

遺書2020

インターネットの神様、どうか2020年12月31日の私を助けてください。

2020年を素晴らしい1年とするため、2019年最後の私が生存戦略を残す。

この生存戦略を遵守できなかった場合、私は心身を病んで壊れてしまうかも

だからこの記事を遺書2020とする 「死ぬぞ!」という気持ちでやっていくために

 

 

1. 人は簡単に壊れる事を忘れるな

1-1. 1日は17時間だと考えろ

   人間は6−8時間寝ないと休息できないし発病リスクが高まる。残り7時間は寝ろ

1-2. ジムで運動しろ

   週3で1時間ジムに通え。心身増強・脳内メモリ解放を行うための必要条件

1-3. 飲酒し過ぎるな

   失言と無礼と二日酔いを抑えるためビール3杯とウイスキー2杯を限度に

1-4. 現場を見ろ

   自分の成した仕事を体感しにいけ。3ヶ月(1シーズン)に1回は現場を見ろ

1-5. 薬は最後に頼れ

   カフェイン等を常服できる分だけ有利なのだから、ブーストはシラフ状態を伸ばしきった先で

1-6. 暴れて叫べ

   泣いて喚いて大声を出せ。過度な感情表現はストレス発散になる

1-7. 気分ごとの再生リストを作れ

   憂鬱(応援歌)」「おしゃれ(シティ・ポップ)」など、好きな曲をまとめろ

1-8. ベトナム戦争を思い出せ

   ベトナム戦争で戦った兵士と同調しろ。闘争心を抱いて機械的に冷酷に任務を全うしろ

1-9. モチベーションは3種類用意しろ

   「何のために頑張るのか」の ”何” に当たる部分を3種類用意しろ。抽象・半抽象/半具体・具体

1-10. 投げ出せ

   辛かったら無理と言え。新人なら許されるし、転職先はいくらでもある

 

2. 完璧を目指すよりまず終わらせろ

2-1. 先人の教訓に学べ

  木村メゾット・仕事本など、常に覚えておくことは多い。土日に見直せ

2-2. 自分が最弱と思え

  過度なまでに謙虚に生きること。ありがとうございますを1日10回言え

2-3. 原因と結果を意識しろ

  どんな仕事でも全体のどの部分に当たるのかを考えろ。論理性は冷静を生む

2-4. 苦しくない姿勢を作れ

  内面:自分の仕事場、緊張するな  外面:首回り肩幅にあうYシャツ・細身のスラックス

2-5. 時間を守れ

  基本中の基本中の基本中の基本のキ。集合は20分前、締め切りは2日前。

2-6. メモを読み返せ

  就寝前と起床後にメモを読み返せ。15分振り返るだけで効果があるらしい

2-7. リストを作れ

  エクセルと手帳を使う方法だと構造化できて視認性が上がる

2-8. ロールモデルを見つけろ

  キャリアプランを構築する上で、目指すべき人間を3人見つけろ

2-9. 自分の考えで問え

  はいはい言っているだけだと忙殺される。なぜかを問いつつ、自分の考えを述べろ

2-10. 疑え

  はいはい言っているだけだと忙殺される。クリティカルシンキングを行え

3. 丁寧な生活を営め

3-1. 映画を観て

  映画を観てエスプリを摂取しろ。年間50本・劇場15本・ストリーミング35本

3-2. 高額な酒と食事を楽しめ

  資本主義を楽しむ。週末にドレスコードのあるフレンチを攻めろ。知識人階級を目指せ

3-3. 着飾って格好つけろ

  スーツが似合う人間になる。モノトーン調ドレス7カジュアル3、DJ松永系

3-4. 無駄遣いするな

  適切な時に十分な支出ができるように、不必要な支出は避けろ

3-5. 神性を意識しろ

  私が目指す神性は、私にしかわからない。神の目線が必要である ニーチェの超人になること

3-6. 勉強する時間を作れ

       特に語学と数学。1日最低1時間は確保しろ。睡眠時間最低6時間から逆算しろ

3-7. 良いものを使え

  たとえ高額ではなくとも、機能的に優れているものを購入しろ

3-8. 計画を立てて守れ

  1日単位で立てた計画を必ず守れ。守らないと自己研鑽せず、一生コマ働きで死ぬ

3-9. スマホを捨てろ

  スマホは時間を奪うのでスクリーン制限をかけろ。AWで連絡だけ確認しろ

3-10. 4ヶ月に1度は北海道へ戻れ

  友人と家族とコンタクトを取り、リフレッシュするため

  

4. バランスを取れ

4-1. ハメを外せ

  1ヶ月に1日ハメを外す日を設けろ。クラブに行き酒を鯨飲し彼女と性をしまくる

4-2. 仕事とは無関係の目標を追え

  「副業で10万稼ぐ」「海外に合計1週間滞在する」「美術館に50時間滞在する」

4-3. 難易度の高いモノに挑戦しろ

  以下「5. 圧倒的成長」のうち、最低3つはクリアすること

4-4. 副業しろ

  株式投資と小説執筆(カクヨム)を行え。パートナーと協力してYoutubeとDJ活動を行え

4-5. 上半期にスカイダイビング / 下半期にロシアへ行く

  8月までにスカイダイビング、3月までにロシアへ旅行しにいけ

4-6. 料理をしろ

  料理教室に通え。「5.圧倒的成長」のハンニバルのようにQOLと自意識を高めろ

4-7. 小旅行をしろ

  4000円以下かつ日帰りまたは1泊2日で関東近郊を旅しろ。アドホック商店街で予習

4-8. アウトプットを行え

  インプットを外に出す機会を作れ。自己愛と反復学習のため。月1回手段は問わない。

4-9. 断言しろ

  実績のある人間は断言できる。断言するために努力しろ

4-10. 暗い高揚感を感じろ

  はちゃめちゃにやる時って楽しい。月1回は人に言えないような暗い事をしろ

 

5. ☝️圧倒的成長☝️

5-1. 法学検定1級を獲得しろ

5-2. 専門統計調査士を獲得しろ

5-3. TOEIC 800 を獲得しろ

5-4. 技術士補を獲得しろ

5-5. 仏語3級を獲得しろ

5-6. 簿記2級を獲得しろ

5-7. Rの使い方を習得しろ

5-8. 芸術的活動を行え

5-9. ハンニバル・レクターマッツ・ミケルセン)になれ

5-10. ココ・へクマティアルになれ

 

 

以上。

テン年代を忘れない宣言

私の好きな音楽ジャンル「シティ・ポップ」では、曲調を表す表現として「テン年代」というフレーズがある。

「この曲ってテン年代っぽくない?」「テン年代のアーティストで死んだ奴いる?」などと言った使い方をする。

テン年代、すなわち2010年代は、本当に情報量が多くて甲高くて場当たり的で悪い子ぶっているけどカッコつけてて、救いようがない。

テン年代と言われている音楽も、大抵は、情報量が多くて甲高くて場当たり的で悪い子ぶっているけどカッコつけてて救いようがない。

シティポップはカッコつけているので好きだ。

モテたいことを隠さないシティポップが好きだ。

そしてモテないまま、テン年代は終わってしまう。

 

 

残念ながら私のテン年代、すなわち中学3年(2010)から大学院2年(2019)は、マジで情報量が多くて甲高くて場当たり的で悪い子ぶっているけどカッコつけてて救いようがなかった。

すわなちシティポップ的人生である。

第一に、いろんなことをやりすぎである。興味関心で行動しては、中途半端につまみ喰いして捨てている。何かを極めたことがない。これは多動の御子に由来する。

第二に、うるせえ。黙ってやってればいいものの、自尊心を高めたいあまり喧伝しまくった。メディアへの露出と反比例するかのごとく人望を無くした。これはクソデカ虚栄心に由来する。

第三に、計画性がねえ。人生を本当に適当にやっているため無駄が多い。約束は破るし時間は守らない。原始時代だったら真っ先に殺されている。これはバカ社会生活に由来する。

第四に、ダサい。話し口調がダサい。幼少期から映画を見過ぎているあまり、字幕みたいな口調になってしまう。悪いことをするときも法律に引っかからない程度のことしかしない。ついでにファッションもダサい。これはモテようとしてることに由来する。

 

 

「シティポップが好きなんだから、シティポップ的に生きてもいいじゃん」というそこの君は、納税でしか存在価値を表現できない哀れな労働者階級である。

好きっていうのはチキンレースと同じで、自分と相手のボーダーラインギリギリを攻めていくから面白い。相手のことを知りたい知りたいと思って近づくけれど、簡単に

クラシックが好きだからと言って髪型を17世紀バロック風にしている奴がいたら異常者である。家族が泣いている。

ラップが好きだからと言って大麻を吸えば捕まる。Uziは絶対販売目的だったと思う。

JPOPが好きだからと言って少女漫画チックな恋愛を夢見ている女子は、大抵バンドマンのセフレだ。セフレに「お前あいつのセフレだよ」って言うと怒るのマジで怖い、正論なのに

 

 

2020年をやっていくために、この自傷的反省は必要不可欠である。

2020年のやっていきは、2010年代のやっていきを反省した上のスーパーやっていきなので、これまでと比較して完成度の面で優れている。

第一に、多動の御子から脱して、専門性を持った知識人になる。専門性は語学・法学・計量経済学・統計である。これらを身につけるために、一年後を見越した年間スケジュールの作成・遵守を行う。投薬と自傷によって自分を戒めていく。

第二に、クソデカ虚栄心を脱して、林の中の象になる。「孤独を歩め、悪を為さず、求めるところは少なく、ただ林の中の象のように」(イノセンス 2004)。で、人望力を高めて非常時のレジリエンスを強くしたい。

第三に、バカ社会生活を脱して、質の高い生活を送る。第一と違うのは、この「質の高い生活」とは内向的である。自分自身のQOLを高めることを目指している。部屋を片付ける、食べたいものを食べる、経験に金を使う、好きな家具を揃える、などがこれに当たる。物事を終わらせる勇気、これがガチで重要になってくる。

第四に、モテようとすることから脱して、正直に生きる。カッコよくないからカッコつけたがるのである。既にカッコいいならカッコつけなくていい。このためには必要なのは「無我の境地で煩悩に溺れてむしろ涅槃を識る」ことに他ならない。全ての欲望を開陳する勇気が求められている。

 

というわけで、2020年はこうした構造的やっていきシステムを進めていく。

後日、2020年を迎えるにあたってのスローガンならびに各努力目標、KPI、そして年間スケジュールを公開したい。

これはいわば小野寺の未来予想図なので、ここに書かれている内容をもとに殺害計画を練れば、完全殺人が可能となる。

マジで恐ろしいな

テン年代を忘れない宣言

私の好きな音楽ジャンル「シティ・ポップ」では、曲調を表す表現として「テン年代」というフレーズがある。

「この曲ってテン年代っぽくない?」「テン年代のアーティストで死んだ奴いる?」などと言った使い方をする。

テン年代、すなわち2010年代は、本当に情報量が多くて甲高くて場当たり的で悪い子ぶっているけどカッコつけてて、救いようがない。

テン年代と言われている音楽も、大抵は、情報量が多くて甲高くて場当たり的で悪い子ぶっているけどカッコつけてて救いようがない。

シティポップはカッコつけているので好きだ。

モテたいことを隠さないシティポップが好きだ。

そしてモテないまま、テン年代は終わってしまう。

 

 

残念ながら私のテン年代、すなわち中学3年(2010)から大学院2年(2019)は、マジで情報量が多くて甲高くて場当たり的で悪い子ぶっているけどカッコつけてて救いようがなかった。

すわなちシティポップ的人生である。

第一に、いろんなことをやりすぎである。興味関心で行動しては、中途半端につまみ喰いして捨てている。何かを極めたことがない。これは多動の御子に由来する。

第二に、うるせえ。黙ってやってればいいものの、自尊心を高めたいあまり喧伝しまくった。メディアへの露出と反比例するかのごとく人望を無くした。これはクソデカ虚栄心に由来する。

第三に、計画性がねえ。人生を本当に適当にやっているため無駄が多い。約束は破るし時間は守らない。原始時代だったら真っ先に殺されている。これはバカ社会生活に由来する。

第四に、ダサい。話し口調がダサい。幼少期から映画を見過ぎているあまり、字幕みたいな口調になってしまう。悪いことをするときも法律に引っかからない程度のことしかしない。ついでにファッションもダサい。これはモテようとしてることに由来する。

 

 

「シティポップが好きなんだから、シティポップ的に生きてもいいじゃん」というそこの君は、納税でしか存在価値を表現できない哀れな労働者階級である。

好きっていうのはチキンレースと同じで、自分と相手のボーダーラインギリギリを攻めていくから面白い。相手のことを知りたい知りたいと思って近づくけれど、簡単に

クラシックが好きだからと言って髪型を17世紀バロック風にしている奴がいたら異常者である。家族が泣いている。

ラップが好きだからと言って大麻を吸えば捕まる。Uziは絶対販売目的だったと思う。

JPOPが好きだからと言って少女漫画チックな恋愛を夢見ている女子は、大抵バンドマンのセフレだ。セフレに「お前あいつのセフレだよ」って言うと怒るのマジで怖い、正論なのに

 

 

2020年をやっていくために、この自傷的反省は必要不可欠である。

2020年のやっていきは、2010年代のやっていきを反省した上のスーパーやっていきなので、これまでと比較して完成度の面で優れている。

第一に、多動の御子から脱して、専門性を持った知識人になる。専門性は語学・法学・計量経済学・統計である。これらを身につけるために、一年後を見越した年間スケジュールの作成・遵守を行う。投薬と自傷によって自分を戒めていく。

第二に、クソデカ虚栄心を脱して、林の中の象になる。「孤独を歩め、悪を為さず、求めるところは少なく、ただ林の中の象のように」(イノセンス 2004)。で、人望力を高めて非常時のレジリエンスを強くしたい。

第三に、バカ社会生活を脱して、質の高い生活を送る。第一と違うのは、この「質の高い生活」とは内向的である。自分自身のQOLを高めることを目指している。部屋を片付ける、食べたいものを食べる、経験に金を使う、好きな家具を揃える、などがこれに当たる。物事を終わらせる勇気、これがガチで重要になってくる。

第四に、モテようとすることから脱して、正直に生きる。カッコよくないからカッコつけたがるのである。既にカッコいいならカッコつけなくていい。このためには必要なのは「無我の境地で煩悩に溺れてむしろ涅槃を識る」ことに他ならない。全ての欲望を開陳する勇気が求められている。

 

というわけで、2020年はこうした構造的やっていきシステムを進めていく。

後日、2020年を迎えるにあたってのスローガンならびに各努力目標、KPI、そして年間スケジュールを公開したい。

これはいわば小野寺の未来予想図なので、ここに書かれている内容をもとに殺害計画を練れば、完全殺人が可能となる。

マジで恐ろしいな

俺を見ろ

ブログの存在を忘れていた。

みんな俺を殴れ、この薄情な男を殴ってくれ。

備忘録は書き続けるから備忘録なのだ、備忘録を忘れたら備えられないだろ。

今日からアカデミズム溢るる美文章をしたためていくぞ。

 

 

中間と期末の波状攻撃が沈静化したので、優雅にブログを更新する時間ができた。

本当は読んだ本の要約だったり、感想だったり、時事問題に対すて公共政策学的見地からウンチクを垂れ流したいのだが、そうそう時間が許してくれない。

最近では徹夜続きがたたり、風邪を引いた挙句に気管支炎を再発している。

哀れなり私、お前は軟弱者である。

 

近況といえば、地味にインターンに追われている。

某中央官庁に派兵されることとなったが、第一志望ゆえに興奮している。

行くからには中途半端にできないし、歩く政策レベルには知識を詰め込みたい。

そのためにはまたデスクワークを続ける必要があるのだけど、そろそろ心が折れそうだ。

誰か俺を癒してくれ、誰か、誰か……

エスタ大食品街の半額セール

札幌の民となってしまった。この記事もエスタ大食品街の半額セールに向かう合間に書いている。エスタ大食品街のお惣菜は安くて美味しい。

札幌での住所は、駅前にほど近いマンション街である。徒歩15分圏内に北海道の全てが揃っている理想的な立地だ。王族の気分である。

特筆すべきは立地の強みだけではない。この度、なんと駐車場を借りることとなった。我が愛車を大学当局から守ることもなくなった。「札幌に車は必要ない」という意見もあるようだが、それは公共交通がカバーする範囲で世界が終わっている人間達の言葉だ。私のフィールドは広く遠い。札幌生活と言えど、いや札幌生活だからこそ、車は重要な役割を担うだろう。

 

しかし空虚な日々である。こちらには知り合いもおらず、いたとしても社会人のため、忙しいことは想像に難くない。各人の神聖な新生活を邪魔するのは忍びないし、新たな人間関係を構築していかないとぼっちになってしまうので、今はひたすら札幌生活に慣れる時期なのであろう。

昼頃起きて、外を散歩し、統計と英語に目を通す日々である。諸事情があってまたTOEICの点数に追われる日々になっているのだが、それは別の機会に書こうと思う。統計は単なる趣味と実益の結果である。意外と楽しい。

2つとも始めたばかりなので続くかはわからないけど、ブログを学習履歴にするのもありかもしれないな。

 

ブログのスタンスを変更した。今までは見やすさ重視で改行を多様していたが、そのような読者に媚びるスタンスでは書籍化などなし得ない。私は印税で暮らす予定である。よりのびのびと書くため、ギュッとした文体で行くぞ。

 

と、ここまで書いたところで、エスタ大食品街の半額カーニバルが開催される時間だ。札幌中央区の狼達が集まり、屍肉を争う戦場である。実は今日が初参戦で、良いものを勝ち取れるか心配だけれど、頑張ってみる。

とりあえずは当座の食料(今晩の夕飯、明日の昼食、明日の夕飯)くらいはゲットしたい。1日2食で1ヶ月(30日)の食費を20,000円に収めるためには、1日約650円で過ごさなければならない。

なんと!意外とシビアである。しかしながら、エスタ大食品街はそんな私にも優しい。昨日の偵察で、中華料理屋さんが4パック1000円で惣菜を売っていたのだ。これは僥倖である。この4パックを2日(今日明日)で消費すれば、なかなか良いライフサイクルだぞ!

もちろんこれは上手くいけばの話で、飲み物やお米、外食をすることもあるだろう。だから気を抜かず、質素に、豪遊は控えなければならない。

特に最近は太ってきたので、しっかり痩せないと!

 

と書いたところで、半額セールの序盤が終わる時間だ!

完全に出遅れてしまった。もういかねばならない。

さらば!

大学生最後の夜

明日は卒業式である。

今宵が、大学生として過ごす最後の夜である。

 

様々なことがあった。

喜怒哀楽は全て体験した。

出せる限りの速さで生きた。

今の私という人間が出せる最高の踊りを、最大の遠心力を、みんなに披露できたと思う。

その充実ぶりには、かのファウストも吃驚仰天なはずだ。

 

4年前の私は、今の私を見て何を言うだろう。

きっと4年前の私も、4年後の今頃を想像したはずだ。

あの日の私が誇れる私になっていたら幸いである。

 

今の私の胸にあるのは安堵である。

無事に戦い抜いたことへの安堵だ。

4年は長い、だけどその毎日は、多くの仲間に囲まれて本当に幸せだった。

数多の反省はあるが1つの後悔も無い。

無謀さを武器に駆け抜けた4年間は誇りだ。

次の2年も、存分に戦えることを願う。

 

もしこれを後輩が見ているのなら、どうか鼻で笑わず聞いて欲しい。

君達は人生と対峙している、人生を始める準備をしている。

人生に追われるからこそ、今の私が立っているこの場所までは、ほんの一瞬で辿り着く。

だけど私が使い切った自由を君達はまだ1年分持っている。

その自由を、今この瞬間に、妥協することなく使い切って欲しい。

全てを明日に持ち越さないで欲しい。今日は今日使い切るから今日なのだということを、私は気づくのが遅かった。

そのことについて後悔は無いが、もし早く知っていたら選択肢はもっと広がっていたはずなんだ。

青春は自らの選択肢を削ぎ落とさなきゃならない期間だってことを忘れないで。

 

 

 

鼓動がリズムなら人生は祭だ。

私はこれからも札幌で踊り続ける。

みんなも各々の土地で踊り続けるのだろう。

いつか私のステップが、私達のステップが、世界をどよめかせるその日まで、一緒に頑張ろうぜ。

 

 

ちなみに次の2年はもっとブログを頑張るぞ!