暗闇の中での跳躍

物 議 を 醸 せ

エスタ大食品街の半額セール

札幌の民となってしまった。この記事もエスタ大食品街の半額セールに向かう合間に書いている。エスタ大食品街のお惣菜は安くて美味しい。

札幌での住所は、駅前にほど近いマンション街である。徒歩15分圏内に北海道の全てが揃っている理想的な立地だ。王族の気分である。

特筆すべきは立地の強みだけではない。この度、なんと駐車場を借りることとなった。我が愛車を大学当局から守ることもなくなった。「札幌に車は必要ない」という意見もあるようだが、それは公共交通がカバーする範囲で世界が終わっている人間達の言葉だ。私のフィールドは広く遠い。札幌生活と言えど、いや札幌生活だからこそ、車は重要な役割を担うだろう。

 

しかし空虚な日々である。こちらには知り合いもおらず、いたとしても社会人のため、忙しいことは想像に難くない。各人の神聖な新生活を邪魔するのは忍びないし、新たな人間関係を構築していかないとぼっちになってしまうので、今はひたすら札幌生活に慣れる時期なのであろう。

昼頃起きて、外を散歩し、統計と英語に目を通す日々である。諸事情があってまたTOEICの点数に追われる日々になっているのだが、それは別の機会に書こうと思う。統計は単なる趣味と実益の結果である。意外と楽しい。

2つとも始めたばかりなので続くかはわからないけど、ブログを学習履歴にするのもありかもしれないな。

 

ブログのスタンスを変更した。今までは見やすさ重視で改行を多様していたが、そのような読者に媚びるスタンスでは書籍化などなし得ない。私は印税で暮らす予定である。よりのびのびと書くため、ギュッとした文体で行くぞ。

 

と、ここまで書いたところで、エスタ大食品街の半額カーニバルが開催される時間だ。札幌中央区の狼達が集まり、屍肉を争う戦場である。実は今日が初参戦で、良いものを勝ち取れるか心配だけれど、頑張ってみる。

とりあえずは当座の食料(今晩の夕飯、明日の昼食、明日の夕飯)くらいはゲットしたい。1日2食で1ヶ月(30日)の食費を20,000円に収めるためには、1日約650円で過ごさなければならない。

なんと!意外とシビアである。しかしながら、エスタ大食品街はそんな私にも優しい。昨日の偵察で、中華料理屋さんが4パック1000円で惣菜を売っていたのだ。これは僥倖である。この4パックを2日(今日明日)で消費すれば、なかなか良いライフサイクルだぞ!

もちろんこれは上手くいけばの話で、飲み物やお米、外食をすることもあるだろう。だから気を抜かず、質素に、豪遊は控えなければならない。

特に最近は太ってきたので、しっかり痩せないと!

 

と書いたところで、半額セールの序盤が終わる時間だ!

完全に出遅れてしまった。もういかねばならない。

さらば!