暗闇の中での跳躍

物 議 を 醸 せ

どこまでも辛く険しい旅となりますように

文明というものに強い関心がある。

日本は世界でも上位に入る文明国家(東洋では最初の「西洋国」であることは国際政治学を参照)であり、我々ミレニアム世代は文明の庇護の下で暮らしてきた。

 

ジャレド・ダイヤモンドの「銃・病原菌・鉄」を読んだことはあるだろうか。

「なぜ西洋文明は世界の覇権を握れたのか(なぜ他文明が世界を支配できなかったのか)」という問いを多角的に分析した書籍なのだが、内容の正統性はさておき、結局のところ「地理的に有利だったから」という結論に落ち着く。

ユーラシア大陸の西のはずれで発生した産業文明(ナウシカ風)は、それと相対して世界を「文明」「未開」「野蛮」の3つに分けた。

国際政治学でいうところの、世界システム論とそれに連なる系譜の話である。

国連憲章から文明の二文字が消去された現在、西洋文明は遍く社会に浸透している。

 

私が2日後に旅立つインドは、この21世紀においてなお「文明」が届いていない国の一つである。

さらに特筆すべきなのは、上記3カテゴリのうち、インドは「未開」にあたることだ。

文明国は北アメリカやヨーロッパ・オーストラリアにあり、野蛮国はアフリカにある。

アジアと南アメリカはまさしく未開、停滞を知らない発展の最中にある。

ましてインドは「最後の超大国」と言われ、発展面からも人口面からも世界をリードする存在だ。

まさにカオス、熱狂の国。

文明という鋭利な刃物をどう使えばいいか思索中で、振り回して遊ぶ子供のような趣を感じる。

 

前述した通り、私は文明に興味がある。

日本という文明国で、信仰という柱を持たない私が

インドいう未開国で、信仰という柱で生きる人々に

会いにいく。

私はこの事実だけで心が躍る。

文明の終着点にして最前線へ行けるのだから、文明の信奉者としてこれほど興味深いことはない。

私が対峙するのは、地球最後の巨人である。

人口の伸びは骨の成長、経済は筋肉。その巨体は地球を組み敷く。

しかしまだ信仰しか知らず、文明の扱い方はよく知らない。

風の谷のナウシカ」では、ペジテ市の地下深くから、最後の巨神兵(オーマ)が発掘されたことから物語が始まる。

在りし日にナウシカを読んだ時のロマンと同じような興奮を感じる。

 

 

「混沌を学ぶ」、抽象的だが、これをテーマとしたい。

願うなら、私の想像よりもはるかに文明的で、調和に満ちたインドを見たい。想像を裏切られたい。

どこまでも辛く険しい旅となりますように。

文明の修道者として、文明への信仰が試される旅になって欲しい。

艱難辛苦汝を玉にす。

極限にまで厳しい旅を超えた先になら、私は何者かになれるのだろうか

私はそこまで柔な人間なんだろうか