暗闇の中での跳躍

物 議 を 醸 せ

遍く衆生の救済

東京一極集中はしかたがない。

何故なら、誰だって自分の夢は叶えたいからである。

生まれた環境が理想のものではなくて、もしもその理想が東京で叶うのなら、それは東京に行くしかないだろう。

その志を誰が邪魔できるのか。

誰もできない。

人の自由意志を妨げるのは許されない。

 

問題は、そのような生活ができるのは、我々の世代が最後ということである。

 

総務省によれば、日本は2008年より人口減少社会へ突入した。

これは端的に言って、危機である。

ロングスパンであるが故に意識されにくいが、確実に日本は衰退していく。

あらゆる資源の源泉である人間が減るのだから当然だろう。

人口減少は東京一極集中・地方過疎化を助長し、それらはさらに人口減少を助長する。

この負のスパイラルは10年20年で改善されるものではない。

我々は衰退の時代を生き抜かなくてはならない。

 

しかし本当にそうだろうか?

 

衰退する社会のなかで、人生の自由が制限されるなんてことはあってはならない。

我々はそれを許してはならない。

我々はそんな不条理を許してはならない。

金が無いから理想を諦めるとか、街を出られないから夢を捨てるとか、そんなことを許してはいけない。

確かに衰退は厳しい、問題に直面することだってあるだろう。

その問題を乗り越えられない瞬間だって訪れる。

でもそれに屈したら、でもそれを受け入れたら、何の為に生まれたのか分からなくならないか。

何かに従うために生まれてきたのか。

 

 

我々は檻で生きる家畜でもないし、プログラミングされた機械でもない。

我々は自律した人間である。

家畜や機械が持っていないような、社会を作る力が、幸福を追求する力が、夢を叶える力が我々にはある。

だからこそ我々は、我々に宿る可能性を信じるために、人生が素晴らしい冒険であることを証明しなくてはならない。

制限されたゲームでも単なるルーティンでも厳しい拷問でも無味乾燥な空虚でもなく、理想を掲げて戦い続ける英雄譚であることを証明しなくてはならない。

たとえ縮み続ける檻に入れられても、その背中を丸めてはいけないのだ。

 

私はそのために生涯を捧げる。

将来いつかどこかで生まれる名も知らぬ誰かが、自分の理想を叶えられる環境を作るために。

楽しい毎日を自分の世代で終わらせないために。

理想を諦めて夢を捨てる人がこれ以上生まれないために。

我々の人生を制限しようとする、この国の衰退そのものと戦う。