読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛情省101号室

物 議 を 醸 せ

アーティスティックの極致

みんなどこかで、本当は自我なんて模倣の集合体でしかないことに気付いているんだろ?

 

 

もし自分を自分のものにしたいのなら、自分が唯一無二であると確信したいなら、ユニークな存在であることを立証したいなら、これまでになかった新たな価値を創造するしかない。

アーティスティックの極致、最終的自己表現、1人の人生の彼岸、そんなものの先にあるのは、「自分が何かのコピーではないことの証明」でしかない。

 

ではこの世界に、自分を獲得できた人がどれほどいるというのか。

不可避な死の匂いを感じる

不可視の生の存在を感じる