愛情省101号室

物 議 を 醸 せ

人生が幸福であるべき理由

諸君、人生とは苦難の連続である。

この苦難は絶え間なく続く。

人間関係、金銭状況、家庭環境、突然の不幸に格差社会etc、苦難の原因は枚挙に暇が無い。

しかもそれらは自分の力ではどうすることもできない場合が多い。

これは、全くもってふざけている。

一度限りの人生、一度限りの博打なのに、なぜ我々は不幸にならねばならない?

 

 

苦難は続く。

しかもそれは不可避で、人生を進める上では真正面から受け止めねばならない。

ならどうすればよいか。

我々はただ、不幸になるために生きているのか。

ちょっぴりの楽しさの為に、多大なる不幸を飲み込まなくてはならないのか。

 

 

否、断じて否。

「たった一度の人生を楽しく過ごす」という前提に立てば、押し付けられた苦難以上の幸福を享受する資格が、我々一人一人のなかにあるのだ。

人生のマイナスを補って、プラスにする選択肢があるのだ。

「みんな不幸になりましょう」などという社会に対し、毅然とNOを突きつけ、マイナスを補って余りある幸福を請求する権利を持っているのだ。

 

 

それが人生である。

それがこの現代社会である。

幸福になるために社会があるのだ。

幸福を諦め、退屈を受け入れて、現状に甘えたまま未来へ甘い期待を抱くのは、「生きている」とは言わない。

"生きる" とは、傷つけ傷つけられても幸福を求めて戦い続ける覚悟のことである。

真に生きていたいなら、苦難に塗れても戦い続ける理由を見失ってはいけない。

 

 

人生が幸福であるべき理由。

それは "苦難を押し付けられているから" に他ならない。

たった一度の人生なのだから、押し付けられた苦難以上に幸福であるべきなのだ。

そのためには、幸福を求めて、苦難ばかりを押し付ける全てと戦う必要がある。

それが生きるってことだろう。

それが生きているってことだろう。