読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛情省101号室

物 議 を 醸 せ

進まない、進まない

現在、とあるプロジェクトの打ち合わせをしている。

『カナダと日本を舞台にして人口減少問題を考える』というものだ。

バイト先も巻き込んでいるため、失敗はしたくない。

 

 

しかしながら、先方のカナダ側の動きがあまりにも酷い。

2ヶ月前から決まっていたはずのスケジュールを、2週間前に迫った今になって覆してくる。

しかもその原因は、あちらが対処すべき内輪の話。

そもそもとしてこのプロジェクトを開催する価値があるのか?という疑問にまで達している有様だ。

先方からは対策案や解決策の提示もない。

 

 

カナダ側にもカナダ側の事情があるのだろう。

しかしこちらにもこちらの事情がある。

国や大学を介したものである以上、国内で開催するよりも慎重になるべきだし、其れ相応の覚悟は必要になるのではないか。

その程度の覚悟で事を始めようとしていたなんて、本当に杜撰としか言いようがない。

 

このように一方的な変更は、双方の信用問題に繋がってくる。

少なくとも、今私の、私達の中にあったカナダ側への信頼は揺らいでいる。